メーカー別(トヨタ自動車)

クラウンを買取査定して売る!

2016/12/12

クラウンを買取査定して売る!『百均で買ってきました!!編』マンガ1ページ目 クラウンを買取査定して売る!『百均で買ってきました!!編』マンガ2ページ目
くまったのコメント1

クラウンを高く売るには?

そんなわけで、リーちゃんの欲しいものを勘違いしちゃったけど、クラウンと言えばトヨタの高級セダンで、一昔前ならみんなの憧れでもあった一台なんだな。

現在では同じトヨタ系の中でも、レクサスとかもっと高いのも売ってたりするけど、それでもトヨタ車の中ではとても良い査定額が付くことも多い車種になっているんだ。

高く売る方法については、これから色々解説していくけど結論から書くと“一括査定サービス”を使うことが良いんだ。

Check!!
➡自分の車を買取してもらう場合の査定額を今すぐ知りたい場合はこちらから
ここを利用すると自分の車の査定額の相場もすぐに表示してくれるよ♪

クラウンの買取に役立ちそうな情報を色々紹介

クラウンの写真

*写真はトヨタ公式HP(http://toyota.jp/crownroyal/)より。

クラウンを高く売りたい!と思ったとしても、 そもそも査定額の相場を知らないままだとそれも難しいんだ。

査定額の相場とはいっても、初代が登場したのが1955年でこのくらいの年代のクラウンは、中古車としての実用的な価値よりも資料的価値があるのかもしれないんだな。さすがにここらへんの古すぎる年代のクラウンについては、その状態や走行距離も色々ありすぎて相場を紹介することは出来ないんだ。

査定相場は2003年からの情報を紹介していくから、自分が売ろうとしているクラウンの年代に近いところから、査定相場の大体のところを掴んでみて欲しいクマ。

▼クラウンの年式別査定額の参考情報


車種・型式:クラウン アスリート GRS180
排気量:2500cc
年式:2003年
グレード:アスリート
参考査定額:39万円
<一言コメント>

この2003年式はいわゆる「ゼロクラウン」としてクラウンのエクステリアから、大幅に刷新された12代目のモデルになっているんだ。見た目からすると、 11代目の古臭さは無くなって、今風の感じになっているんだな。もう発売年からの経過が相当だから、査定額はかなり低めだけど複数業者に査定してもらって少しでも高いところで売りたいところクマな。


車種・型式:クラウン ロイヤルサルーン GRS180
排気量:2500cc
年式:2004年
グレード:ロイヤルサルーン
参考査定額:14万円
<一言コメント>

12代目が初登場した2003年式アスリートの査定額よりも、残念ながらかなりダウンしちゃったんだな。やっぱりこのくらいの年式は高額査定は諦めて、少しでも高くを目標にするしかないかなという感じクマな。


車種・型式:クラウン アスリート GRS180
排気量:2500cc
年式:2005年
グレード:アスリート
参考査定額:52万円
<一言コメント>

今回紹介した2005年式は2005年10月にマイナーチェンジされたものになるんだ。同じ2005年式でもマイナーチェンジ前のものはちょっと査定額が落ちると思うクマ。


車種・型式:クラウン アスリート GRS180
排気量:2500cc
年式:2007年
グレード:アスリート
参考査定額:64万円
<一言コメント>

12代目クラウンとしては最後の年式になるんだな(より正確には2008年2月までは発売されてたので2008年式もあるけど…)。相当前の車としては査定額はそこそこで悪くない感じじゃないかなと思うクマな。


車種・型式:クラウン 2.5アスリート GRS200
排気量:2500cc
年式:2008年
グレード:2.5アスリート
参考査定額:103万円
<一言コメント>

13代目クラウンとして2008年2月に登場したクラウンなんだ。査定額もここにきて大台の100万円を突破したということで、査定額もここからどれだけ上積みできるかを目指したいところクマな。


車種・型式:クラウン 2.5アスリート GRS200
排気量:2500cc
年式:2009年
グレード:2.5アスリート
参考査定額:114万円
<一言コメント>

13代目クラウンの2年目にあたる2009年式なんだな。査定額も年々上がってきているから、売り時を悩むところクマな。


車種・型式:クラウン アスリート GRS200
排気量:2500cc
年式:2010年
グレード:アスリート
参考査定額:160万円
<一言コメント>

2010年2月にマイナーチェンジされた一台で、インテリア・エクステリア共に変化があるんだな。燃費性能も向上してて「平成22年度燃費基準+15%」をクリアしたんだ。査定額も一気にアップしているという印象だから、2010年式で査定に出す場合は期待したいところクマな。


車種・型式:クラウン アスリート GRS200
排気量:2500cc
年式:2011年
グレード:アスリート
参考査定額:171万円
<一言コメント>

査定額も順調にアップしているんだな。


車種・型式:クラウン アスリート GRS200
排気量:2500cc
年式:2012年
グレード:アスリート
参考査定額:189万円
<一言コメント>

13代目クラウンの最後となる年式になるんだ。ちなみに、2012年12月に14代目が登場しているから2012年式でも査定額に違いが出ることがあるんだな。


車種・型式:クラウン アスリート GRS210
排気量:2500cc
年式:2012年
グレード:アスリート
参考査定額:182万円
<一言コメント>

あの衝撃的なピンククラウンが登場した発表会で発表された14代目クラウンの一番最初の年式になるんだ。でも査定額はなぜか先代の同じ年式のほうが上になっているんだな。不思議クマな。


車種・型式:クラウン アスリート GRS210
排気量:2500cc
年式:2013年
グレード:アスリート
参考査定額:228万円
<一言コメント>

14代目クラウンの登場は2012年12月だから、実質的には2013年に流通し始めたと思うんだな。査定額は遂に大台の200万円を突破しているんだ。このくらいの査定額で売却できれば、買い替えのときの購入費用としては十分という気もするクマな。


車種・型式:クラウン アスリート GRS210
排気量:2500cc
年式:2014年
グレード:アスリート
参考査定額:210万円
<一言コメント>

ん?なぜか2013年式と同じグレードで、同じ排気量のものを比較したのに査定額が下がっているんだ。不思議だけど原因はちょっと分からなかったクマ。


車種・型式:クラウン アスリートi-Four GRS211
排気量:2500cc
年式:2015年
グレード:アスリートi-Four
参考査定額:316万円
<一言コメント>

2015年10月にマイナーチェンジされて登場した一台。ボディカラーも一気に増えて12色の新色が登場したんだ。査定額はかなり高めでこれくらいの高額査定はなかなか無いと思うクマ。


車種・型式:クラウン アスリートi-Four GRS211
排気量:2500cc
年式:2016年
グレード:アスリートi-Four
参考査定額:319万円
<一言コメント>

クラウンのこのグレード(新車価格371万円)の査定額としてはほとんど上限値の査定額になっていると思うんだな。購入してすぐに買い換えるという勢いじゃないと中々このレベルの査定額は出ないと思うんだ。


*査定額は掲載時点の“下取り価格”を基準としているため、買取価格とは査定額に差がある場合もあります。また、掲載後に変動している場合があります。
*査定額は車種の状態、走行距離とにより大きく異なることもあるため、下記査定額はおおまかな目安となることをご了承ください。
*下記査定額は「toyota.jp ご購入サポート | 下取り参考価格情報 - トヨタ自動車 http://toyota.jp/service/tradein/dc/top」を参考にしています。

くまったのコメント2

▼買取と下取りの違いは?どっちがいいの?

クラウンを売るときに、特に査定額を気にしないとか、とにかく手間を省きたいというときは新しい車を買うついでに、売ることが出来る下取りで問題ないと思うんだな。

でも、査定額を高くしたいという場合は、買取をしてもらうようにしてみて欲しいんだ。

下取りで付けられる査定額というのは、査定額を複数業者で比較することが無いから査定額は低くなったりすることもあるんだな。

それに対して、買取の場合は複数の業者に査定額を出してもらって、その中から高いところを選べるから高値で売れることが多いんだ。特にクラウンのような人気高級車になると年式にもよるけど、業者側としても確実に手に入れたいと思うから、査定額で他社に負けないように頑張ってくれたりもするんだな。

くまったのコメント3

▼クラウンを個人間売買で売る

ここまで業者に売る方法だけを紹介してきたけど、実はもう一つクラウンを売るのにもっと高く売れるかもしれない方法があるんだ。

それが個人間売買なんだな。

個人間売買は当たり前だけど、間に業者が入らない分、売る側は高く売れるんだ。更に買い手側からみても、業者が入らない分安く買えるということでお互いに売る側も買う側もメリットがあるんだ。

ところが、クラウンの場合は個人間売買はちょっと難しいかもしれないんだな。

なぜかというと、クラウンは高級車だけに売却価格が高くなると一括で支払ってもらうのが難しくなって、金銭面のリスクを抱えるからなんだ。年式が古くて価格を売るような場合は、一括で支払ってもらいやすくなるから個人間売買もリスクを減らせるんだ。

名義変更などの手続き面に関しては、専門家の行政書士に依頼をすれば仕事を休む必要も無いし、簡単に完了してしまうんだ。

と… ここまで個人間売買のリスクを多めに説明してきたけど、こういったリスクを限りなく小さく出来る方法もあるんだな。

それは個人間売買の仲介業者を利用することなんだクマ。こういった仲介業者では、名義変更の手続きだけじゃなくて、金銭のやり取りの仕組みも整えられていたり、整備面でも事前にチェックしてくれたりなどのサービスが充実しているんだ。

クラウンは高級車だけに、ファミリカーと比較すると個人間売買で買い手が付かない可能性もあるかもしれないけど、一度チャレンジしてみるのはアリかもしれないクマな。

一括査定サイトおすすめ
一括査定サイトおすすめ1位

➡ズバット車買取比較

ここを利用すると、自分の車の査定相場をすぐに知ることが出来るよ!! 全国の売買データから適切な査定相場を把握することが出来るようになっているから、買取業者に提示された査定価格が適切かどうか分かっちゃうんだな。

一括査定サイトおすすめ2位

➡車査定比較.com

-メーカー別(トヨタ自動車)